興味の芽をつぶしてはいけない【教育の話】

こんにちは、みなみです。

先日「学ぶ」ことについて考える機会がありました。

みなさんは「学ぶ」ってどんなイメージをもっていますか?

良いか/悪いかで言ったらどっちでしょう?

わたしは残念ながら悪いイメージのほうが強いです。(笑)

もちろん、良いイメージもありますけど、だいたいは大人になってから身についたものです。

学びはつまらない!?

たとえば、わからないことがわかるようになったり、できないことができるようになったり。。

今では、だいぶ「学ぶ」ことを楽しめるようになりました。

が、しかし。。

やっぱり、ベースにある学びのイメージって子どものころの経験だと思うんですよ。

つまり、学校の勉強のイメージがどうしてもよみがえってきてしまうんです。(汗)

おそらく、わたしと同じように「学び=つまらない」と連想してしまう人は多いと思います。

学びは楽しいこと

本来「学ぶ」って楽しいことだと思うんです。

わからないことがわかったときって、めっちゃうれしいですよね?

わかったぁ」という感動の数が、学びたい気持ちを育てるんです。

その意味では、学校教育の罪ってホントに大きいと思っています。

学校教育については関連記事を書いていますので、よければご覧ください。

理想の学校教育と実践イメージがつながらない【子どもにどう伝えるのか?】 ゲームは本当に悪いのか?【それより学校教育の方が問題】 ゲームは本当に悪いのか?【それより学校教育の方が問題】

なぜつまらなくなるのか?

なぜ、学校教育によって「学ぶ=つまらない」になってしまうのか?

その答えは簡単で、興味のない状態で無理やり勉強を続けるからです。

義務教育だけで9年間ですからね。(汗)

もちろん、義務教育を全否定するつもりはありませんけど、それによって失っているもののほうが多く感じます。

学校の役割って、子どもの興味の芽を育てることだと思うんです。

そして、学ぶことは楽しいんだって思わせることですよ。

それさえできれば、あとは勝手に学ぶようになりますからね。(笑)

土台をつくってあげることがいちばん大事です。

教える側の認識の問題

今の学校教育になぜそれができないのか?

仕組みや構造の問題がいちばん大きいとは思うものの、その仕組みをつくっているのは人間ですから。。

すべては教える側の認識の問題だってことになります。

観察能力というか、なんというか。。

子どもの興味の芽を育てるためには、芽を観察できていないとダメですからね。

そして、芽が育ちやすい土壌を整えて、気長に待ってあげる観点も必要になります。

わたしには、学ぶ前段階の観点がすっぽり抜けているように思うんです。

最後に

教育でいちばん大事なところが抜けたまま、知識を詰め込んでばかりいたら、そりゃあ悪いイメージもつきますよね。

本来、伸び伸びと成長できるはずの芽がつぶれてしまうのは、もったいないです。

しかも、そのイメージは後々まで残ってしまいますから。。(苦笑)

一刻も早く、認識教育が世の中に浸透すればいいと思っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

筆者プロフィールはコチラ

↓ ランキング参加しています。よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村