年末年始のイベント事が好きではない話【節目をつくるのはだれか?】

こんにちは、みなみです。

もうすぐ年越しですね。

連休のはじまりだからか? ちょっぴりワクワクします。(笑)

とは言え。。

わたしは、年末年始に絡むイベント事があんまり好きじゃありません。(笑)

たとえば「大掃除」とか「年越しカウントダウン」とか「初詣」とか。。

節目を大事にする

年末年始って「節目」の意識が強いと思うんですよ。

旧年中の汚れを落とし、キレイな状態で元旦をむかえる。

「一年の計は元旦にあり」みたいな。。

たしかに、それはホントにそう思います。

やっぱり、なにをするにも「最初」にすべてが詰まってますからね。

モノゴトには「はじまり」と「終わり」があり、節目をつくることは「進化」を生みだすこと。

だから、それ自体は、めちゃめちゃ大事なことだと思います。

節目はつくるもの

でも、その節目ってだれがつくるのか?

わたしは、ココがいちばん大事だと思うんですよ。

やっぱり、節目は自分でつくるもの!

タイミングはいつでもいいんです。

もちろん、タイミングを自分でつくれないのなら、年末年始を利用するって発想はナイスです。

でも、そうじゃなく、ただ世間の暗黙のルールに従い盛り上がってるだけだと、なんかイマイチに思えてしまいます。

節目はみずからつくらないと。。ホントの進化は起こらないです。

ムリにつくっても逆効果

逆に、ただ流された状態で節目をつくってしまうと、いつものペースが乱され、よくないと思うんですよね。

モノゴトには流れがあるので、はじまりと終わりの流れをコントロールすることは大事です。

その意味では、年末年始のタイミングを「活用しない」選択肢って、けっこう重要だと思うんです。

人はついつい流されてしまいますからね。

初詣

みずから節目をつくるのか?

ただ流されて無理やり節目をつくるのか?

たとえば、後者の状態で神社へ初詣に行っても、神様は応援してくれないんじゃないか?(笑)

神社はただ「お願いごと」をしに行く場所ではなく「宣言」をしに行く場所なのでは?

そんなふうに思います。

だから、わたしは無理やりタイミングをつくり、年末年始を過ごすのってなんか気持ち悪いです。(笑)

というわけで、今回の年末年始もたんたんといつものように過ごそうと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

筆者プロフィールはコチラ

↓ ランキング参加しています。よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村